おまとめローンの正しい使い方

おまとめローンとは、多重債務に悩んで居る方向けの借り換えローンの事です。複数の債務の一本化は、金利が下がるだけでなく多くのメリットがあります。

 

おまとめローンが作られた理由

2010年に改正貸金業法が施行され、新しく総量規制という法律が出来ました。総量規制は、消費者金融や信販会社で融資を受ける時、融資限度額は年収の3分の1以内と制限されるようになり、新たな借入をしようと思っても融資が受けられなくなりました。

 

そういった多重債務者向けの救済処置として出たのが「おまとめローン」です。

 

既に融資限度額が、年収の3分の1近くまで借りてしまっている方でも、審査に通れば、新たな融資を受けることも可能で、年収の3分の1を越えても、超えた部分について審査で返済が可能と判断されれば、新たな融資が受けられます

 

金利が下がっても返済総額が増える?

カードローンで借り入れをしている債務を、より金利の低いカードローンでまとめれば、これまで利用している金利より、低くできます。ただ、利用の仕方によっては「金利が下がったけれど、総返済額が増えた」という事があります。それは、一本化して毎月返済額を減らした場合にそうなってしまいます。

 

たとえば、4社からの借入をそれぞれ月額1万円の返済をしている場合、一本化する事で返済金額を減らすことが出来ます。一本化して月3万円の返済にすると、返済は楽になりますが、返済期間が長くなってしまいます。返済期間が長くなる事は、金利を含めた総返済額が増えることになるので、借り換えをしたとしても、返済期間を短くするような努力が必要です。

 

全額借り換えが出来ない場合はまとめない

おまとめローンの申込をして、審査の結果、全額借り換えられない場合があります。
現在の借入が少額の場合は、全額借り換えも可能でが、すでに多額の借入をしていると、全額借り換えが出来ない事があります。

 

一部の借り換えが出来て金利が下がれば、借り換えも良いかもしれませんが、それほど変わらないという場合は、手続きの手間だけかかってしまい、あまり借り換えの効果がありませんので、よほどのメリットがない限り、一部借り換えと言うのは避けましょう