借り換え先の選び方

「おまめローン」はご存知のように、多重債務で毎月返済に困っている方を対象にした商品で、借り換える事で多くのメリットが生まれます。

 

「おまとめローン」の年利や融資限度額は、それぞれの金融機関で違いがあるので、借り換え先を選ぶ場合、前もって調べておくのがポイントです。

 

銀行カードローンに借り換える

一般的に銀行カードローンは低金利で、高額融資が可能なのでおまとめするには最適です。また、銀行によっては300万円まで収入証明が不要なので、申込は簡単に出来ます。

 

ただし、高額融資になるので、審査が厳しく時間もかかりますが、ある程度の高い属性が必要になると考えておきましょう。中には借り換えをキャンペーンとして宣伝している銀行もあります。キャンペーン中のカードローンならねらい目かもしれません。

 

消費者金融のおまとめローン

「消費者金融は総量規制の対象なので、年収の3分の1以上は借りられないのでは?」と思っておられる方もおられますが、総量規制には「例外貸付」があます。
「例外」の中に「顧客に一方的有利となる借換え」と言う項目があります。

 

借り換える事で金利が下がるという場合は、融資が年収の3分の1を超えていても、越えた部分について、審査で返済が可能と判断できれば、貸付をしてもよいことになっています。

 

大手消費者金融のアイフルの「かりかえMAX」や「おまとめMAX」、アコムなどの「おまとめローン」がよく知られています。「モビット」や「プロミス」では、おまとめローンという商品はありませんが、電話で「借り換えたい」と申し出ると、それなりの対処をして貰えます。

 

一般的に、消費者金融の「おまとめローン」は銀行カードローンに比べて、金利が高めですが審査に通りやすいと言われています。

 

返済計画で注意する事

借り換えをすると、新たに返済計画が建てられます。その時「これまで苦しかったから少しでも楽な返済がしたい」と思って、毎月返済額を少なくする事を考えます。気を付けなければならないのは、毎月返済額を少なくすると、返済期間が長くなり、金利を含めた総返済額が今まで以上に増えてしまいます。

 

おまとめローンを検討する時は、返済シミュレーションなどで、総返済額が少なくなる返済方法を選ぶことがポイントです。