銀行カードローンで借り換える

おまとめローンは消費者金融の金融商品や、銀行カードローンの商品としても申込が出来ます。おまとめローンで借り換える場合は、キャッシング会社を比較して、より理想的な借入先を決めることが重要になります。

 

銀行カードローンでおまとめ

銀行のカードローンは、急な出費や、商品購入でお金を借りるために作るのが一般的ですが、それ以外にも複数の借入れを一本にまとめたい、より金利の低いローンに借り換えたいという目的で申込む事もあります。

 

カードローンは、教育ローンやマイカーローンとは違い、使いみちが自由なフリーローンですから、借金の借り換えに使っても問題ありません。消費者金融から高い金利で借りている為、その残債を借り換えるために、銀行のカードローンを申込む方法がありました。

 

おまとめローンはそれが商品化され、「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」として作られたというわけです。

 

おまとめローンは審査が厳しい

借り換えやおまとめ用につくられているカードローンには、複数の借入れがまとめられるように、利用上限額が500万円で可決される場合もあるようです。しかし、実際は借入れが400万円も500万円もあるような人に対して、銀行や、実質的な審査を行う保証会社が、極度額の大きなカードを救済的に発行してくれることはほとんどありません。

 

年収に基づいた審査で、返済能力に見合っただけの極度額が設定されると考えておきましょう。

 

カードローンの初回借入時は10万円~50万円までというのが一般的で、おまとめや借り換えとなると、初回でも100万円以上の希望額でカードローンを申込むことになります。借入希望金額が多くなるほど、より厳しく審査される事になります。

 

カードローン借り換えの注意点

借り換えやおまとめ目的のカードローンで注意が必要なのは、年収が返済できるだけあったとしても、一本化しようとしているローンの返済に問題があれば、事前審査で落ちてしまいます。すでに、遅延や延滞を起こしている場合は、返済実績をつけてから申込みましょう。

 

また一般的に金額が大きくなるおまとめローンは、否決されないにしても、希望額が借りられない場合や、銀行によっては保証人を求められることがあります。そのような場合はどう対応するかも、考えておきたいところです。